JALの航空券を買った時はWEBから領収書を発行

img_2907_s

皆さんは飛行機のチケットで領収書をとる時、カウンターでもらっていますか?
私は領収書は窓口などではなく、WEBから印刷しています。
私も最初は発行してもらっていましたが、WEBからできることを知って、そちらを利用した方が速いのでは?と思い、WEBからやるようになりました。
私の仕事は出張することが多く、飛行機に乗ることもしょっちゅうあって毎回領収書を発行してもらうためにカウンターに並ぶのが本当に面倒だったんですよね。

空港内で貰わなきゃいけなかったんで、一旦忘れてしまって空港を出てしまうとまた戻らなきゃいけない・・・それだけでまた交通費がもったいないことになってしまいます。
なので仕事が終わってから領収書を発行する時は、忘れないようにパソコンのデスクトップに「飛行機の領収書!」と書いておいて、それを見て思い出すようにしています。
まぁそれを見なくても思い出せという話ではあるんですが・・・。

この前もちょうど出張で福岡に飛ばなきゃいけなかった時に、JALを利用して領収書を発行しました。
福岡に出張に行ってからまた飛行機で帰ってきて家に到着。
仕事終わりだったんですが、まとめなくてはいけない資料があったので自宅でPCを起動させて書類をまとめておこうと思ったんです。
でもその時にデスクトップに書いてある領収書の件を思い出し、すぐに印刷することにしました。

印刷する方法は、まずJALサイトの国内線画面から領収書ボタンを押し、それから購入履歴検索から領収書を発行したいものを選んで、領収書画面に進みます。
あとは領収書画面をそのまま印刷してしまえば発行は完了です。
とても簡単だし、家でもできる手軽さが魅力だと思います。
発行する時はJALサイトか電話予約、コンビニ、銀行、郵便局で買わないと発行することはできないそうなのですが、私の場合大抵はJALサイトから購入しているので問題はありません。
他の比較サイトなどで購入してもでないので気を付けてくださいね。

ちなみに、私は仕事が終わって帰宅した時にやっていますが、購入後すぐに領収書の受け取りもできますよ。
すぐに領収書が必要だという方は早めに発行するようにしましょう。
また、チケットを買ってから最大1年間は領収書を発行することができるので、忘れていたという時でも安心できるサービスとなっていますよ。
皆さんもどんどん活用していってみてはいかがでしょう?
便利で楽ちんなので色んな方におすすめです。

航空券予約サイト : JALの航空券はスカイチケット

ウェブから領収書発行で出張精算もラクラク

職場の九州支店にある工場が人手不足のため応援に行って欲しいと言われ、急きょ1週間後に出張が決まりました。
私自身も本社の仕事が溜まっており、バタバタしていましたし本当は行きたくなかったのですがNOとは言えずもう行くしかありません。
工場は空港に近い所だったので、交通手段は飛行機になります。

忙しかったのでウェブサイトからJALの航空券を予約し、クレジットカード決済で出張費の立て替えをしました。
九州出張は5日間ですが、仕事が終わらないとさらに延長の可能性まであると言われています。
週末は妻と子供と遊園地に行く約束をしているので、出張が長引くと、遊園地に行けなくなってしまうので何としても避けたいところです。
特に子供はとっても楽しみにしていますし・・・。

出張の日当日を迎えました。
空港に到着し、ネットから予約した際に入手したEチケットを使ってチェックインを済ませました。
手荷物検査なども問題なく終わり、搭乗しました。
定刻通り現地に到着。
仕事前日の日曜日に到着したので、その日はホテルに直行して休みました。

そして翌日からいよいよ仕事です。
工場の仕事は入社したての頃の研修の時以来になります。
本当に自分なんかが戦力になるのだろうかと心配だったのですが、仕事を始めると意外と工場勤務の頃の記憶も戻って要領がこなせました。
ただ人手不足と言われていたように、本当に忙しかったです。
立ち仕事や力仕事も多いので、普段慣れていないためか1日終わった頃にはクタクタでした。
それでも家族との約束を果たすために何としても予定通りに出張を終わらせなければなりません。
5日間一生懸命頑張った結果、何とか作業が終わり、予定通り帰れることになりました。
報告を受けた上司もとても喜んでいました。

出張から無事に帰り、その日は本社に戻らず直帰しました。
週末は家族サービスをすることが出来たので良かったです。

さて、出張の精算を行うため、領収書などを提出しなければなりません。
いつもは新幹線での出張が多いため、飛行機での旅費精算は慣れていませんでした。
しかもウェブから飛行機を予約してしまっています。
どれが領収書になるのだろうと思っていたところ、ウェブから領収書が発行出来ることを知りました!
領収書をダウンロードし、印刷すれば完了です。

月曜の朝に出社してすぐに出来ました。
経理部に領収書を提出し、精算が終わりました。
意外と簡単なんですね。
また出張に行く機会もあるかもしれないので覚えておこうと思います。

出張でインドへ…電子領収書発行サービスには注意が必要です

出張で海外に行く機会が多々あります。
大変ですが、やりがいもあり毎日楽しく過ごしています。
前回の出張では、インドまで。
インドは初めてだったので、ちょっと楽しみにしていました。
仕事なのに楽しみというのもおかしいですが、仕事の合間にその土地の美味しい食べ物を食べたり、仕事終わりに近くを観光したりする事を毎回していたので、今回もどこへ行こうかな、なんて楽しみにしていたのです。

毎回飛行機はJALと決まっています。
もちろん会社が予約やらをしてくれるのですが、今回は少し急になってしまった為に総務部も人手が足りずに忙しい為、自分で予約をする事になりました。
プライベートでも何回か海外に行ったり航空券の予約はした事があるのですが、今回は仕事なので領収書が要ります。
発行のやり方がわからなかったので、インターネットで検索してみると、JALのホームページから「電子領収書発行サービス」を利用できる事がわかりました。
チケットを購入してから45日後めで利用できるらしく、忘れていても安心です。
発行の仕方も、名前や予約番号、カード番号などを入力するだけで簡単に出来ます。
ただ問題なのがこのサービスが利用出来る支払方法は限られているのです。
カードとeJALポイントで支払いをしたのなら利用出来ますが、コンビニやATM、インターネット振込の場合だと電子領収書発行サービスが利用出来ないと記載されていました。
ただ、インターネット振込の場合は電話をすると領収書を発行するみたいです。
コンビニは受領書が領収書扱いになり、ATMの場合は明細書がそのようになりますと言う事なので、無くさないように注意する必要があります。

自分はコンビニで支払いをしようとしていたのですが、この事を確認していなければ受領書を捨てていたかもしれません。
危なかった…と安堵しましたが、次にチケットを予約する際には無くしてしまう危険もあるので、クレジットカードで支払いをしていつでも領収書を発行出来るようにしたいです。
皆さんも気を付けてくださいね。

また、インドでは有名な「タージ・マハル」を遠くから見ただけなのですが、遠くからでも存在感のある神秘的な建物だったので、今度は観光で行って真近で見てみたいと思います。
あと、インドというとカレーですが、やはりカレーを食べる機会が多かったです。
どれも美味しくて満足しましたが、スイーツがやたらと甘かったので注意してください!

領収書が手元にない…!?そんな時には

急な出張で九州まで行かねばならず、WEBで航空チケットを手配し、コンビニエンスストアで振り込みを行いました。
かなり急な出張となったので、便が取れたのはJALの飛行機で、値段もそれなりでした。
とりあえず航空券を取れただ絵でも幸いと思い、私は出張へ迎いました。

今回はコンビニ払いで既に航空券は持っていたので、そのまま搭乗ゲートへ並び、チェックを受けました。
この時、私は出張先での仕事のことしか考えていなかったので旅費を振り替えて貰う為の領収書の存在をきっかり忘れていたのです。

飛行機は無事に九州まで到着し、仕事も問題なく終わりました。
その日は、九州のホテルで一泊し、翌日の便で帰ろうと、航空券の予約をしていた時のことです。
私はふと、行きの航空券の領収書はどうなっているのかと思いました。
コンビニで航空券は受け取ってはいましたが、空港の自動チェックインや国内線のカウンターには寄っていないので領収書が手元にないのです。
私は冷や汗が停まりませんでした。
JALのサイトで領収書の再発行が可能かどうか、調べたり、搭乗後でも国内線カウンターで領収書を発行できるのかなど必死に検索しました。
領収書の発行については、ホームページ・モバイルサイト・電話予約・空港で発行したものなら最大1年間の間ならば領収書の再発行が可能とのことでした。

私のようにコンビニ払した場合も、コンビニ側から貰える「受領書」も領収書として利用できるとのことですが、会社側が是とするのか不明でしたので、翌日に国内線カウンターに寄って再発行して貰おうと決めました。

その日はそのまま、翌日の帰りの便を予約して就寝しました。
仕事でほどほどに疲れていたことと、航空券の領収書のことで頭をフルに使ったので、ぐっすりと深い睡眠を取る事が出来ました。
翌日は空港にて自動チェックイン発券機で領収書を航空券を発券し、そのまま帰りの便に乗り込みました。

空港に付いた後は国内線の窓口にて、行きの便の領収書を無事に発行して貰う事が出来たので、往復の領収書を持って会社に行き、出張の報告と領収書の清算を済ませてから帰宅しました。

急な仕事の出張でバタバタしており、領収書のことなど頭から離れていたので、今回のことは本当に焦りました。
しかし、いい勉強になったと思います。
JALの領収書関係のことはしっかりと頭に入ったので、次からはどの支払い方法でも慌てずに手続きが出来ると思います。
皆さんも気をつけてみてください。

クレカ払い、ネット領収書発行、タッチ&ゴーで簡単搭乗

出張に行く時には航空券の領収書の発行が必要になります。
これがないと、乗った飛行機の分のお金が返金されないので忘れるとかなりの大惨事に…
いつもJALでの国内出張になりますが、支払いは自身のカードで支払う形を取っています。
クレジットを選ぶ一番の理由は、コンビニやカウンターに払いに行かなくて良いことですが、それ以上にタッチ&ゴーが使えること、パソコンで領収書を表示して印刷できることにあります。

現金支払いの場合には支払った際のレシートが領収書のかわりとなるんですが、指定の期間内に支払いに行く必要がるので少しめんどうです。
カードならその場で支払いが完了するので、あとは座席指定なんかを終わらせてしまえば領収書の発行も出来るし、空港でチェックイン機を使わなくても専用端末に携帯をかざすだけで保安検査場まで直接行くことができます。
もちろん受託荷物のない時だけですが、保安検査場にて発行された控えを持って搭乗口でも同じように携帯でさっと入ることができました。

このタッチ&ゴーが好きでJALを使ってると言っても良いくらい気に入っています。
国外旅行や長期間の旅行でどうしてもお荷物の多くなった時でも、基本的にはスムーズに進むので、そんなに気にするほどでもないのが現状ですが・・・
支払い方法によって領収書の発行方法も変わってしまいますが、基本的に難しいことはなにもなく、チェックインカウンターでも良いし自動チェックイン機でも良いし、自分のやりやすいやり方を選ぶことができるので便利で良いな~と思います。

初めての方でも分かりやすく、公式HPに発行のやり方や条件が載ってるので見てみると参考になります。
出張を終えてからの帰路も往路で取ってるのでもちろんJALですが、どうせ乗るなら気に入ったところを使いたいものです。
その点JALは大手だけあって、無料の機内サービスやアメニティが充実しており、明るく丁寧な接客・言葉使い・お辞儀ができる等、JALのCAさんは教育がしっかりされているので見ていて気持ち良いし、また乗りたいと思わせてくれます。

利用方法や手続き方法も公式HPに丁寧に分かりやすく記載されているし、領収書の発行も初めての時はどうやるの?って感じだったけど、HP見たらすぐに理解できたので親切だと思いました。
今後も仕事・プライベート問わず国内外には行くでしょうけど間違いなくJALを使うでしょう。
必要なことさえしておけば、パパッと乗れるタッチ&ゴーが楽しくて好きです。